読書のお悩み相談室

読書に関するお悩み相談や読んだ本の記録などを書いています。

書簡集

ヘルマン・ヘッセ研究会(編・訳)『ヘッセからの手紙・混沌を生き抜くために』を読む。

世の東西を問わず、書簡集はいろいろありますが、この『ヘッセからの手紙・混沌を生き抜くために』はとても重い充実した書簡集です。 例えば太宰治にも書簡集がありますが、金の無心など生活感たっぷりの内容です。それに比べてこの書簡集は第一次世界大戦の…

三島由紀夫(著)『三島由紀夫 十代書簡集』を読む。

三島由紀夫は1925年生まれだから、昭和の年数だけ年齢(とし)をとる。 三島由紀夫の『十代書簡集』を読む。昭和十五年から十九年まで文芸部の先輩、東文彦に宛てた書簡集だ。大戦の開始、あるいはその最中、十五歳から十九歳の三島が友人に宛てた手紙の中で…

プライバシーポリシー